So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新年あけましておめでとうございます。 [建築]

明けましておめでとうございます。

寒いですが、爽快な青空。
新年の幕開けであります。
今年もよろしくお願いします。

2020.jpg

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 

人間の五感は何でもお見通し。 [建築]

こんにちは、大林です。

 クリスマスも終わると、大みそかまで一気!という感じです。
2019年ももうすぐ終わり2020年が来ますね。

 2019年はラグビーワールドカップが開催されるけど、ホント大丈夫かいな?と心配していたのが嘘みたいです。 マイナースポーツと言われていたラグビーですが、ふたを開けてみれば大盛り上がりの大成功でした。

 子どもが卒業した今でもちょこっと関わっている浜名湖ラグビースクールも生徒さんが今までにないペースで増え、盛り上がっているようです。

 さて本日は、家の掃除をしていたら思いついた「床」の話でも。
読み方としては、ユカのほうです。床の間のトコでは無くて。

 私は社会人として、最初に量産系某ハウスメーカーに就職しました。 その後、同じ住宅の世界でも真反対の設計事務所に転職したのですが、素人目には似たような世界のなかの方向転換の際に大きく感じたのは、体の五感の感触と素材感ですかね。

 やはり大量の住宅をつくる量産系ハウスメーカーでは、クレームを出さずにある一定の品質のものを生み出していくことが重要です。

 そのためには、「普通」であることが「重要」であり、人により判断にばらつきが出るような「特異」なものは品質管理の点では「危険」とみなす傾向にあります。

 すると、木目再現された床材や、塗り壁風ビニールクロスなど、「なんちゃって○○」のような建材が多く使われることになります。 そりゃ、バラツキ出ませんよ、出ないように見た目だけ似せて作られているのですから。

IMG_0858.jpg
凹凸加工を施したオーク材。

IMG_2787v1.jpg
杉にうづくり加工を施したもの。

IMG_6234.jpg
こちらは、柾目の智頭杉材にうづくり加工を施したもの。

_MG_7423_ShiftN.jpg
我が家では、信州のカラマツにうづくりを施しました。

 自然の木から製材された板ですから当然ですが同じ板は2枚とありません。 
材にバラツキがあるからこそ、それを生かす職人の技能が大切です。

2019-12-14 08.55.32.jpg

一度梱包から出して、検品仕訳を経て淡々と張られて行きます。

無垢材の床に興味が湧いてきました?
歩いた時、寝転んだ時、きっと違いは分かります。

どんな材料で家を創るか・・・些細なことのようで取り返しのつかない重要なこと。
家づくりの際には思い出してくださいね。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 

階段って大切ですよ。 [建築]

こんにちは、大林です。

 久しぶりの雨。 この時期にしては気温も高め。
余り乾燥しすぎるとインフルエンザも蔓延しそうですし、これくらいがいいのかな。


そういえば、ピンタレストpinterestというSNSを始めてみました。

今まで画像をメモっておくときに、どこに保管したのか分からなくなることもあったのでこれで分かりやすく集約できそうな気がします。 皆様もご活用ください。 便利ですよ。

当事務所のピンタレストpinterset


 ピンタレストをまとめているときに過去の仕事の写真を見ながらアレコレ思い出したのですが、「階段って重要だよな。」という設計の鉄則を改めて認識しました。

 皆さん、階段って意識したことあります?

IMG_0802.jpg


まあ、1階から2階に登るアレです。 誰でも分かりますよね。

敷地と予算に余裕があれば、平屋がおススメですがやはり、昨今の不動産事情を鑑みるに、2階建,3階建にならざるを得ないのは仕方ないところ。

トントンと登るときにいろいろな階段があることに気が付きませんか?

・勾配が緩い階段、きつい階段
・一段一段にしっかり乗ることのできる階段、足の2/3くらいしか乗れない階段
・一段一段の上り幅が大きな階段、小さな階段

建築基準法で最低限の規定はされていますが、設計の仕方によっては登りやすさが大きく変わるのが階段の奥深さであり、大切なところ。

さらには、階段だけの話ではなくて、1階から2階までの高さ(階高)をいくつにするのかも大切なところ。

例えば階段を1日4回登るとすると、階高2.5mの場合と3mの場合では、0.5mX4=2.0mの差が生まれます。 1年365日で2x365=730m  5年もすると富士山に登るのと同程度の上昇差が生まれます。  

さらに、階高が増えることで階段の段数か、1段あたりの上昇幅に影響が発生します。 段数が増えるということは、勾配が一定であれば一段分の階段面積が増えることになります。

そのため、部屋数をアピールしたい分譲住宅の場合は、階段を相当タイトに作らざるを得ません。 私は、分譲住宅のチラシを見ながら間取り図の階段を注視しています。

家づくりを考える時、階段の大切さを忘れずに。

_MG_8955.jpg

限られたスペースで、デザインと機能のバランスを取りながら設計した階段の一例。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 

運動と健康と食生活 [建築]

こんばんは、大林です。

今朝、ニュースを見ていると梅宮辰夫さんの訃報にビックリ。

 ラグビースクールに通っていた小学生の頃、ドラマ「スクールウォーズ」に高校の前の中華料理屋のオヤジさんとして出演していたのがなぜか一番記憶に残っています。

ご冥福をお祈りします。

年末寒くなると寂しいニュースが届くことが増えますね(泣)。


 さて、今日は「運動と健康と食生活」という、およそ建築士のブログとは思えないようなトピックを取り上げてみようかと思います。

 わたしが、市民ランナーというのは仕事で関わりのある方々には周知の事実となりつつあります。

48935752101_a6ed31de53_o.jpg

「走ってるか?」とか「夕方ジョギングしているところを見たぞ。」など、会話の最初のあいさつ代わりのフレーズになっています。

 運動を意識し始めたのは、GPSのデータを発掘すると、どうやら4年前の43歳の頃だった模様。

その頃は、今より10キロ近く体重があり、体を動かしていなかったためか筋肉に柔軟性が無いのか、出張で出歩くとたまにギックリ腰になっていたほどです。

 そのころ、高校の同級生に誘われて一人3キロの駅伝に向けてジョギングし始めたのが、市民ランナーの始まり。

 GPSウォッチで履歴が残ったり、遠方の友人ともランのログを共有したりしているうちに面白くなり、すっかりマラソンの虜。

 そうなると、生活習慣も健全化し、自分の口に入るものに興味が出始め、家庭菜園も楽しくなり、料理にも前向きに・・・。

 体の調子も良くなる&体重も減少→マラソンのタイムも向上→(以降繰り返し)の好サイクルで健康を維持しています。 食生活って、人間の根幹ですからね、大事ですよ、やっぱり。

2019-12-12 18.06.10.jpg
最近は、せいろで蒸し野菜が好きです。 適当に切った野菜を並べて蒸すだけ。

オリーブオイルと塩で食べたり、味噌で食べたり、シンプルな調理ゆえ、野菜の甘さが引き立ちます。

 もともと田舎なので飲みに行くのも億劫で外食もあまりしないのですが、糖質少な目とかタンパク質&野菜多めなど考え始めると結局は、食べたいものを自分で作って家で程々にお酒を飲んで、風呂に入って寝る(笑)という、健康的な生活がすっかり板についてきました。

 私は住宅を中心とする、建物を設計しているわけですが、いつも気にしているのは依頼人家族のそこでの暮らし。 いくら家が出来上がっても、そこで体も心も健康的に家族仲良く過ごしてもらえなければ、私の希望とは違う結末となります。 

 そのためには、やはり、健康ですよ、運動ですよ、食生活ですよ。・・・という訳で当事務所では、マラソン普及活動実施中です(半分冗談ですけど)。 もちろん、家の住み心地は最重要ですが(笑)。

今年もあと少し、健康的に暮らしましょう。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 

丁寧に暮らす。ごみ減量編。 [建築]

こんにちは、大林です。

 本日午前中は、驚くほどの大量の雨!
週のアタマから雨だとテンション下がりますね・・・

でも、

日曜日に雨降るよりはマシか、とプラス思考で行きましょう。

さて、今日はゴミ減量の話。

 現在浜松市では(浜松市に限らずかな?)、ごみ減量呼びかけの真っ最中。
ゴミ分別も普及してきたように思いますが、何も考えずに何でも捨てると、処分場の処理能力の限界があるのでしょう。

 広報はままつに、コンポスト申し込みの案内が出ていたのは二年くらい前でしょうか?
我が家では浜松市から無償で頂いたコンポストを畑の一角に設置しています。

 中身をお見せするのは自粛しますが、これが中々の優れもので我が家ではごみ減量に役立っています。

2019-12-02 16.11.34.jpg

 我が家では、妻の仕事の帰宅が遅いときは私が夕食を作るのですが、ジャガイモやら人参の皮を剥いた物や卵の殻が、当然出ます。 生ごみとして放置すれは、それはそのうち匂いのする生ごみとなります。 水分が問題なんですよね。

 それがコンポストに放り込んでいくと、過剰な水分は抜け、いつか野菜くずは大地に還り、畑の養分となります。 中がどうなっているかはあまり直視したくないですが、満タンになることなく分解されているようなのでそう信じています。

 コンポスト導入以来、我が家のゴミの量はかなり減ったように思います。
丁寧な暮らしとは言ってもさほど難しいことでもなく、ちょっとの心掛けが重要なのかと思います。

皆さんもコンポストライフいかがですか?


大林勇設計事務所

ピンタレスト始めました。
nice!(0)  コメント(0) 

土地を買う前に要チェック。 [建築]

こんにちは、大林です。

昨日は、北風ビュービューでしたが、今日は割と穏やかそう。
冬も近づき、長男次男のダブル受験も近づき、ハラハラする季節です。

 さて、今日はよく相談のある、土地選びのお話でもしましょうか?
書き始めると延々と続くので、一般の方でもできそうなところを何点か。

 まずは、最近は便利なもので、インターネットで大抵のことは分かります。
情報の発信源が信頼できるものであれば、活用できるものは活用すべきです。

IMG_4798.jpg


順序もつけにくいので順不同で。

①手始めにグーグルマップやストリートビューを活用。

グーグルマップ
https://www.google.co.jp/maps/

住宅地なのか、山なのか、畑が多いのか、などの大まかな様子を把握。
真南に大きなマンションが無いかとか、街が古いのか、新興住宅地なのか、などの情報が得られます。

タイミングによっては、解体前の建物が平家だったのか2階建てだったのか、敷地のどのあたりに建っていたのかなど知ることができます。

購入には至りませんでしたが、傾斜地の竹やぶの盛土造成の土地だったことが分かったこともあります。

②その道は、本当に「道路」なの?

 建築基準法第43条で、「建築物の敷地は、道路(略)に2m以上接しなければならない。」と決まっていますので、当然遵守する必要ことが大前提です。

 ただ郊外では、道路と思っていたものが道路ではなかった、という不思議な事態が稀に起こりますので、その道路は本当に建築基準法上の道路なのかを確認する必要があります。

浜松市の場合は、WEBで公開されています。 

浜松市道路台帳
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/dourohozen/daicho/index.html

 
③公図・登記簿謄本のチェックもぬかりなく忘れずに

土地の形や面積、所有者、抵当権の有無などあらゆることが分かります。
誰でも、法務局で閲覧、入手できます。 また、法務局ほどリアルタイムではありませんが、区役所でも「土地台帳」として閲覧することができます。

また、有料ですがWEBでも閲覧可能です。

https://www1.touki.or.jp/


また、②と大きく関連しますが、道路と思っていた部分が他人の土地だったなどの問題は公図と謄本の情報で判明します。行き止まりの進入路の場合にありがち。

②と③は、超重要事項ですので、どんなに破格で掘り出し物のように思える土地でも念入りに調べてください。 たとえ、駅が近いとか、子供の学校が近いとか、好条件がそろっているように思えても、家が建てられなければ意味がありません。

④行政の都市計画マップも見てみよう。

浜松市の都市計画マップの場合はこちらです。

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/toshikei/city/toshikei_gis/index.html

 家が建てられるエリアなのか、どれくらいの大きさの建物が建てられるのか、といった情報がこちらで分かります。 あくまでもエリア的に建物が建てられるか建てられないかの区分なので、地盤が良いとか悪いとか、水害のリスクが多いのか少ないのかなどの情報は、他の手段で調べる必要があります。

⑤市町村の防災マップ。

④に書いたように購入しようとする個別の土地については、まだまだ調べたいことはあります。

例えば、浜松市の防災マップ。

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/bosai/bosai/map/

もう一つ、静岡県の土砂災害情報マップ。

http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-350/sabouka/dosyasaigaijouhoumap.html

土地の標高を見るには、国土地理院の地図。

https://maps.gsi.go.jp/#5/36.104611/140.084556/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

異常気象のせいなのか、水害、土砂崩れが以前に比べて頻発しているように思います。 事前リサーチにより分かることもあります。 


⑥無料公開されている地盤調査の結果も貴重です。参考に。

ジャパンホームシールド株式会社という地盤調査会社の地盤サポートマップでも地盤の傾向がよく分かります。川や海の近い低地は、一般的にピンク印です。

https://supportmap.jp

このあたりまで総合的に情報を調査するとかなりのことが分かると思います。


あとは、あるサイトでちょっと調べると安心かなと思う事項があります。この話はWEBに書きにくいので直接お会いした時にでも。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 

水窪町に秋を探しに。 [建築]

こんにちは、大林です。

 浜名湖ラグビースクールで、長男と一緒に楕円球を追いかけていた子が所属する東京高校が、昨日の東京都大会で優勝し、高校ラガーマンの聖地、花園ラグビー場の全国大会に出場とのニュース。

隆也くん、御両親おめでとうございます。 スカパーオンデマンドで応援します。

 同じ日に私は、浜松市天竜区水窪町にある山住神社に行ってきました。

2019-11-17 10.21.00.jpg

 境内に誰もいない日だと寂しいかなと思っていたのですが、年に2度の例大祭の日にドンピシャで当たり、若干の賑わいの中参拝してきました。

 仕事柄、こんな建物作ってよ、と依頼されたらどうやって作るかなという目線で見ているので、

IMG_3790.jpg

当然こういう部分に目が行くわけで、

IMG_3791.jpg

もっと言えば、見どころはココ! 実に興味深い。

標高1000m近いので、思ったよりも寒く、手がかじかむほど。
空気が澄んでいて、心が浄化されたようでスッキリ。

IMG_3786.jpg
モミジの色づきも良く、

IMG_3772.jpg
車を停めてパチリ。

IMG_3770.jpg
レンズ何種類か持ってくればよかったか。

IMG_3777.jpg

何気ない土留めが綺麗に苔むしていたり、趣のある山里でした。

北大の後輩が水窪町の出身で、「帰省するときは豊橋から飯田線で帰ります。」と言っていたことを思い出しました。 U山くん、今どこにいるのだろう。

IMG_3801 -1.jpg

NHK大河ドラマ、井伊直虎に登場した高根城も通り道だったので訪問。

今では同じ浜松市ですが、水窪町ステキな町でした。
来年もこの時期に行こうかな。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 

建物の長寿命化と再生 [建築]

こんにちは、大林です。

 9/20に始まったラグビーワールドカップも11/2で閉幕。
すっかり寂しくなりました。 ロスです、完全にワールドカップロス(泣)。
開幕時に比べれば44日間ですっかり寒くなってるし、寂しさ倍増。

この話を書き始めると長くなるので、また別の機会に。

 今日は、建物の寿命と再生の話でもしましょうか。
この件、最近とても気になっています。

きっかけは、3つ。

・定年を過ぎた、ある方の実家仕舞いのお手伝いをしたこと。
・定年を過ぎた、ある方のお住まいのリフォームをしたこと。
・現在、遠方に住む友達のお父さんが亡くなったこと。

 現代の暮らし方、家族の在り方では、私にとっても非常に身近な話題で、どちらも我々世代にとっては考えなくてはならないことだな、と感慨深く心の中でふわふわ、同時にモヤモヤと漂っておりました。  相続にも関係してきますので、お子さん世代との対話も必要。

 立地によっては相続の際に、「住めもしない遠くの家を相続しても却って困る」というケースもあり、金額的に折り合いが付くのであれば処分して流動性の高いマンションにする方法も相続の解決策の一つでしょう。

 ただ、都内と違って郊外ではまだまだ、地面に着いた生活が好まれるのも現実。地に着いた建物を長く使うことを考えてみましょう。

 当事務所の考えとしては、現在建っている家も、これから作る家も、「基本性能の充実」と言うのがスローガン。 少なくとも、ここさえ充実していれば、リフォームや再利用の可能性が開ける。

 仕事で相談を受ける際でも、中途半端な建物のリフォームが一番厄介。 依頼主が投資する金額に対しての満足感が得られにくいケース。 依頼主の立場からすれば「コスパが悪い。」ということです。 

 建物に価値が認められれば、壊さなくても需要が発生し、空き家問題の解決への道の一つになるのでは。 借家としてももちろんのこと、カフェ店舗やレンタルスペースとしても建物の第二の人生(建物も人生っていうのか?)がスタートします。

大事なのはまずは、骨組み。

骨組みさえしっかりしていれば、将来的な建物の長期利用も可能となる。 逆にここがしっかりしていないと安全が担保できない。

IMG_5283a.jpg

築150年以上の古民家もこのように新たな命を宿し、愛される。

 第一、家電や設備が充実していても、建物が倒壊しては、一番大切な居住者の生命が脅かされる。

 世の中の9割以上の家では、天井が張られ隠れてしまうために、作り手にも購入者にも骨組みに対する意識が非常に薄いのが実情。 上棟風景を見ても、「ギリギリの構造だな」「細いな」と思うことはしばしばあります。  設計者の立場の人が、木組みに関わっていないケースもあると小耳にはさみ、非常に驚くことが良くあります。 

 次に大切なのは、屋根材でしょうか。

 趣味のジョギングに出かける際には、仕事柄、劣化した屋根が目に入ると非常に気になります。
コロニアル、カラーベストと呼ばれるスレート屋根が色あせしてコケが生え始めると危険なサイン。

 何が危険かと言うと、塗膜が劣化して水を吸い始める→屋根を構成する木材が痛む&雨漏り→家全体が痛む、という流れになります。

 劣化に強い材料としては、瓦屋根、色あせの塗替えの必要はありますが金属屋根をお勧めしたいと思います。


 建物を長く活用するためには、骨組と屋根をケチらない。 

これはたとえ、

・トイレの便座を普通便座に格下げしても、
・テレビを60インチから40インチにスケールダウンしても、
・キッチンの天板を人工大理石にランクダウンしても、

大切なことです、お忘れなきように。

美しく健やかに歳を経ること。 人間も建物もそうありたい。

大林勇設計事務所

nice!(0)  コメント(0) 

街おこしの一例「しまだ大井川マラソン」のペースメーカーしてきました。 [建築]

こんにちは、大林です。

段々、冬の足音が近づいてきたような気がしますが体調崩されていませんか?

 私は、この時期恒例の「しまだ大井川マラソン」にペースメーカーとして参加してきました。 時計とにらめっこしながら、一定のペースで走るのは、なかなか大変でしたが、レースだと突っ走って後半潰れるパターンが回避できいい経験ができました。

 一つ、誤算だったのは数年前の未使用使い捨てコンタクトを使用したところ、度が合わず手元の設定タイムが非常に見ずらかったこと(苦笑)。 老眼ですかね。 最後は少しペースが上がり過ぎてしまい、反省。

2019-10-27 14.34.23.jpg

この大会は、33キロ地点のおもてなしエイドステーション(と言っても、タイムの速いランナーはグッとガマンでスルーですが)が、国内の市民ランナーの間で大変有名です。

2019-10-27 14.34.55.jpg

 ゴール後の売店も充実しており、観戦に来た家族も楽しめるイベントとなっています。
島田市と聞いて、しまだ大井川マラソンを思い浮かべる人も多いことでしょう。

 レース後には、しまだ乾杯タウンと称し、街の居酒屋での反省会が積極的にPRされており、市長もあいさつ回りをして、来年の参加も促すという、営業ウーマンぶり。 来年も参加しようと思う市民ランナーも多いのでは?

 公道を使うマラソンは、経費もかさむようですが街を知ってもらう&地域経済の振興という意味でも、マラソン大会は街おこしの手段として有効なのではないでしょうか。

 皆さんもジョギングいかがですか? さらに、制限時間7時間のしまだ大井川マラソンは、デビューレースとして超おススメです。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 

ほんのりと、ワールドカップロスかな。 [趣味]

こんにちは、大林です。

皆さん、ラグビーワールドカップ見ていますか?
私は、しっかり見てますよ。 開会してから昨日で1カ月。

2019-09-28 16.47.25.jpg

地元エコパ開催の試合が終わり、エコパロス。

そして、昨日日本代表の敗戦と同時に日本代表ロス。

決勝が終わったらワールドカップロスかな。

せっかく盛り上がったこの流れ、続けていきたいですね。

ということで、私が運営のお手伝いをしている浜名湖ラグビースクールでは、指導員、生徒ともジャンジャン募集中です。

創立1967年で、日本で2番目に古いラグビースクールと言われております。

皆様の御参加お待ちしております。

大林勇設計事務所 
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -