SSブログ

奇跡のスーパーとまで言われている「サンヨネ」さんへ。 [趣味]

こんにちは、大林です。

もうじきゴールデンウィーク!皆様いかがお過ごしでしょうか?

と言っても、浜松まつりも超小規模開催のようですし、地域によっては緊急事態(以下略)が出ておりますので、あまりお出掛できそうにもないですが、やはりゴールデンウィークという響きはワクワクしますね。

2021-04-24 12.15.28.jpg

 先日、所用で豊川市に行き、いつもと違う道を通った際、予定もなかったのに遭遇したお店のことを書いてみようかと思います。 誰かに言いたくてたまらないお店に出会ったのは久しぶり。

 その名もスーパー「サンヨネ」。 豊橋市や豊川市の方は当然ご存知かと思うのですが、私はWEBで見かけて興味を持ったまま、数年間忘れておりました。 魚の品揃えが良い、と聞いてGOOGLE KEEPにメモっていた気がします。

 本来の目的の道が混んでいて右折が面倒だったので、真っすぐ進んだその先にそのスーパーはありました。 これも何かの縁かもと駐車場に乗り入れ、広いのにほぼ満車の中、空きを見つけて迷わず車を停めます。

 パッと見は、普通のスーパーです。 正直、騒がれるほどの期待感もオシャレ感もありません。 入り口では、出店的なワゴンで靴を売っています。 子供の頃連れて行ってもらった農協経営のエーコープを思い出します。 昭和時代かっ!

 しかし、というか騒がれるだけ有って当然というか、一歩足を踏み入れた瞬間、驚かされます。

何じゃこれ、圧倒的な品ぞろえ!

 印象的だったのはきのこだけ見ても10種類以上のラインナップ。 家庭用ラーメン(セット)の種類や陳列にも驚きましたが、脇でバラで売っている麺とスープにも太麺や細麺、博多、家系などこだわりがあり、驚きの連続。

 しいたけ、昆布、鰹節、のりなどの乾物も用途とランクに応じてぎっしり。 愛知県で採れた原料でのPB商品も多く、好感が持てる。

 魚コーナーは噂通りの品揃えで、解体した本マグロの頭がゴロン。 近海の魚も多い模様。 本マグロのサクも中トロ、大トロとふたり暮らしでも食べ切れるような適度な量。 コス○コクラスの分量で販売されると、値段も張りますし、まず食べきれない。 そもそも単価もお手頃。 

 高級なものばかりのセレブストアーとも違って、どこにでも売っているベタな商品も当然抑えている。 ヤマザキの食パンの近くで高級食パン、100円の缶チューハイや発泡酒の隣のワインセラーには7万円のシャトー・マルゴーや2万円の高級シャンパン。 振れ幅が大きすぎ(笑)!

 私は、昔から国内国外問わず、旅行に出かけると地元のスーパーや市場で珍しい食材や調味料を探すのが大好き。 サンヨネさんは、そんな私にはどストライクな品揃えでたまらずファンになりました。

 外食もはばかられるご時世ですので、サンヨネさんで散財するものいかがでしょうか? 本マグロとシャトーマルゴーとドンペリを売っている地元スーパーもなかなか無いですよ。

 豊橋、豊川方面に行かれる際には、ぜひクーラーボックス持参で。 当ブログを御覧の皆様に大事なお知らせでした。

大林勇設計事務所
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。